女性疾病を保障する保険を40代以降に入ろうとする方は多いようです。

実は乳癌子宮頸癌などの女性特有の病気は20代、30代など若い世代に多いもの。

合理的に考えるなら、20代で加入しておきたいものです。

40代を越えるとそれらの女性疾病は減り、大腸がんなどの発生率のほうが高くなります。

保険のことは保険屋ではなく、中立の立場のプロに任せる!乗り換えるなら今。
▼無料相談申込みは電話よりWEBが便利▼
》 》 結婚をしたとき・子供が産まれたときは生命保険の見直し無料相談