生命保険の保険料は毎月決められた金額を引き落としていくのが普通ですが、前もってまとめて数回分とか数年分の保険料を支払ってしまうこともできます。
全期間分の保険料を支払えば「全期前納」ということになります。


とはいっても、払ってすぐ保険料として充当されるのではなく、保険会社に預けるかたちになります。
前納したお金は払い込み期日に合わせて保険料に当てられていきます。


それまでは預けているだけなので、解約したときには解約返戻金保険金とは別にそのまま返ってきます。

保険のことは保険屋ではなく、中立の立場のプロに任せる!乗り換えるなら今。
▼無料相談申込みは電話よりWEBが便利▼
》 》 結婚をしたとき・子供が産まれたときは生命保険の見直し無料相談